読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

elementscapes
        最新アルバム「elementscapes」2015/4/26 release

best_inst2009

最近はアルバム単位で曲を聴くことが多くなったのですが、人に曲を紹介するときにお薦めしたいアーティストが多すぎて困るのでセルフコンピレーションCDを作ってみました。今回はひとまずゲーム曲から選曲です。
こういうことをすると決まって拘りが大きくなって理想を求めるあまり頓挫したりするのですが、一定のコンセプトは保ちながらもいろいろ妥協しつつ完成させました(結局半年近く吟味しました)。というわけで一応書き留めておきます。

コンセプト

  • インスト曲のみ
  • 1アーティスト1曲
  • 全体の流れ(序破急)を意識
  • クラシカルな編成が中心。加えて前半はアコースティックな曲、後半はロックな曲(=バトル曲)が多い
  • 基本的にPS2/GC以降のサウンドないし生音曲。一般音楽と比較しても遜色のない音を意識。最も古いサウンドはPS

曲目

全曲再生(YouTube再生リスト)

  1. クロノトリガー 〜Orchestra Version〜 - 光田康典
  2. 武蔵伝II: Aeolic Guardian - 浜渦正志
  3. FFCC: 旅立ち - 谷岡久美
  4. 双界儀: Fire Wire - 菊田裕樹
  5. I.Q: 黄道 - 服部隆之
  6. ゼルダの伝説組曲 - 近藤浩治
  7. 武蔵伝II: Miners Woe - 仲野順也
  8. FF12: モスフォーラ山地 - 崎元仁
  9. バテンカイトス: The true mirror - 桜庭統
  10. FF9: バトル2 - 植松伸夫
  11. サガフロ1: Last Battle -Red- - 伊藤賢治
  12. 聖剣伝説LoM: Nostalgic Song 〜Ending Theme〜 - 下村陽子
  13. 交響組曲ドラクエ6: 時の子守唄 - すぎやまこういち

尺は45分。比較的聴き易くまとまったかと思います。王道を選んだケースもあれば自分の好みで押し切ったところもあり様々です。組曲ゼルダで前半の盛り上がりを作って、「Miners Woe」のテクノで気分を一新して後半に入る流れは個人的に好き。反省点があるとすれば9〜11曲目のバトル三連発で曲自体は盛り上がっていくものの時代が逆行していくのでチープに感じやすくなってしまった点。あとオーケストラや古い曲の兼ね合いで音量にバラツキがあるので本来は要マスタリング。
余談ですがYouTubeで全曲網羅できてしまったのに驚きました…大体英語で検索したら見つかった感じなので、日本のゲーム音楽がそれだけ世界に浸透してるということなのかもしれません。