読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

elementscapes
        最新アルバム「elementscapes」2015/4/26 release

聖剣伝説LOM

演奏動画は息抜きのために必要と以前書きましたが、本当にその通りだと思います。音楽を聴くのに疲れたときは十数年来聴いているアーティストに安心するように、興に任せてピアノを弾くという行為は作曲で自分のサウンドを追い求めていくときにはない根源的な音楽の楽しさを実感することができます。その半ば自分のためのような行為が視聴者にとっても喜んでもらえるようなものになれば、尚素敵だと思うわけです。

D

久しぶりにたっぷりな演奏になったのでメドレーを構成する曲たちのコメンタリなど書いてみます。

懐かしき歌

ロード画面の曲。素朴な曲で耳に馴染んでいるのはFF9の「いつか帰るところ」にも似たところがあるでしょうか。個人的にはマイホームよりこの曲の方が好きです。

ホームタウン ドミナ

LOMを弾く以上ドミナだろうと。昔から何となく弾く機会の多かった曲なので自然な流れで入れました。

ディドルのオルガン

個人的にはドミナを最初に訪れたときに広場でこの曲がかかったときの印象が強く残っていて、こういうメドレーを弾くとなると無意識に入ってきてしまうのでした。コメントを見て思いましたがポルポタのリズムによく似てますね。一瞬間違えてしまうのも分かる気がしました。

彩りの大地

ダンジョン曲。個人的にはジャングルで頭が痛くなるほど迷ったので(ゲームプレーヤーとしてはそんなに上手くない方です)、言ってしまえば飽きてしまった曲です(笑)。改めて弾いてみると中盤の転調からループまでが特に格好良く、年月を経たからこそ新鮮な気持ちで弾けたと思います。

Pain the Universe

ボス戦。際立って好きな曲なわけではありませんが、ダンジョンで盛り上がってロックしたくなった頃合にはピッタリのタイミングでした。後半若干熱くなりすぎましたが何とか転ばず最後まで行けて良かった。

焔城

焔城のテーマはドラグーンの曲の途中ゆっくりになる部分を省略した常にハイテンポな構成のヴァージョン。この曲は感極まるようなメロディーが切なくて格好良くて好きなのです。年明けに上げた「飛翔」に近い部類の曲だと思っています。難しい調なのでメロディーとハーモニーがときどき結果オーライアレンジに逃げています(笑)。

滅びし煌めきの都市

LOMといえばこの曲。初回プレイ時にはダンジョンで迷ってボスからストーリーエンドまでの流れを見られず、この曲の持つ感動が今一つ分からないままでした。後年この曲の評判を知りそんなに感動するラストなのか?と再プレイしてみてなるほど納得した覚えがあります。この納得がなかったらもう少し説得力のない演奏になったかもしれません…と格好良いことを言っておきながら録画容量切れでイメージ画像に変わってしまいます(笑)。スーパーマリオ64で踏んだ轍をまたやってしまいました。

想いは遠くマナの樹に寄せて

オルゴール調のラストにしたかったので少しだけ。良く聴くと高音の鍵盤が足りずメロディーを折り返さざるを得なかったことが分かります(笑)。オクターブ低いところでメロディーを取ってたら良かったんですが。最後はオルゴールが止まるイメージで音楽的な終止と関係なくメドレーを閉じます。