daybreak
New Album "daybreak" 2017/4/30 release


働きながらいかに作曲を続けるか

働き始めて半月が過ぎました。想像はしていましたがやはり大変なので、作曲にかけられる時間や体力はぐっと減りました。このような状況でいかに作曲を続けるか。

時間

時間については実はあまり問題はありません。今までだって打ち込みにかける実時間は数時間だったわけです。アレンジに悩んでいる現在の状況ではもう少し時間を要するかもしれませんが、休みの時間を使えば問題ない範囲です。

体力

こちらはもう少し難しいファクター。何だかんだで集中して打ち込みをするには多大な体力を要します。精神的に落ち込んでいたりする場合は人と会うなどして回復するのが先決ですが、そうでもないときにはまずは体力の回復に時間を使う*1。そしてインスピレーションが沸いたときに集中して作曲するなり打ち込みするなりすれば良いのです。


しかしこれだけでは、残念ながら作曲は続かないでしょう。続けるためにはもう一つ重要なファクターがあります。「締め切り」です。自分で締め切りを設定してそれを守るのは大変なことです。パトロンやらプロデューサーが居て管理してくれるなら話は別ですが、多くの人はまず出来ないことだと思います。
となると外的な力によって締め切りを決めてしまうのがいい。それが今まで僕がやってきたCDプレスの納期であったりするわけですが、それでは納期直前に出来上がるのはせいぜい2〜3曲。僕がやりたいのはアルバム作りなので、それ以外にコンテストに出品する曲を書くとか、他の人とコラボレーションするなどして多くの締め切りを作ることが必要です。

演奏動画のアップロード

さて、最近僕が新たに外的な力による締め切り設定として作ったのが即興ピアノ演奏動画のアップロードです。週一でニコニコ動画*2に演奏を上げることを目標としています。自分で設定した締め切りなので外的というと語弊があると思いますが、去年アップロードを途中でやめてしまったときと比べて今年は継続による効果が確実に出てきていて、次回作を期待する声も少しずついただけるようになってきました。こうなると僕もその声に応えたいと思いますし、自分で作ったはずの締め切りが少しずつ外的な力を帯びるようになってきます。
自分の演奏動画の特徴として、グランドピアノによる迫力のある音を使うことがあります。そのためにはスタジオに入らなくてはなりませんが、オリジナルでない活動のためにスタジオ代を払い続けていては本来の目標と違ってきてしまう。そこで、演奏動画のストックが切れるたびにスタジオに行く→スタジオに行く意味をつけるためにオリジナルの新曲を作るというサイクルを考えました。週一の動画アップロードペースを守るためのスタジオ入りを続ければ、プレス納期までにアルバム化できるくらいの新曲を揃えられるだろうという仕組みです。僕の場合はオリジナルでもピアノが特徴的なので、グランドピアノによる録音を使えることは一石二鳥の効果がありますし、無理なく続けることができるのではないかと思っています。
このためには狙った日にスタジオが取れないといけませんし、新曲のレコーディングも一回で完全に成功するとは限らないので…まだまだ問題はありそうですが、当面はこれでやってみようと思っています。とりあえず今の動画ストックは今月分で切れてしまうので、連休に入る頃にはスタジオ入りできるよう新曲を完成させる必要がありますが…はてさて(笑)。上手くいけば5月5日のM3の日には新曲がサイトに上がっているはずでなので、どうぞご期待ください。

*1:とりあえず休みの日はそこそこの時間には起きて、何もしないで過ごすのが割と回復する気がします。どっぷり寝続けてしまうとあまり回復しない印象

*2:YouTubeでも何でもいいんですが流れでこうなりました。合う人合わない人といるでしょうが、ランキングなど挑戦できる要素があるのはアーティストにとっては良いことなのかもしれません