読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

elementscapes
        最新アルバム「elementscapes」2015/4/26 release

『オケピ!』の対話

もう一つ例。『オケピ!』ではDVDに収録されている副音声で三谷さん(脚本・演出・作詞)と服部さん(作曲)の対話が入っていて、こうしたメロディーミックスが現れたところで

三谷「これこれ!ほら、もうメロディーが重なってる。これ、何でこんなことが出来るの」
服部「うーん…」
三谷「あれですか、自分の曲だから混ぜやすいとかあるんですか」
服部「あぁ、そういうのあるかもしれませんね」

みたいなやり取りがあった気がするんですが(うろ覚え)、今回ミュージカルで自分のメロディーも他人のメロディーも混ぜてみて…自分の曲でも性格の違う曲は混ぜにくいし、他人の曲でも性格の似ている曲は混ぜやすい。で、自分の曲は頭の中に100%の形で収まってるので自然と出てきやすいし混ぜやすい、他人の曲でもたとえば有名曲で何度も聴いてるメロディーとかだと混ぜやすい。混ぜようと思えば何とか混ざる、しかし音がぶつかる場合はそれに合わせて音階やリズムを操作するので次第に混ぜにくくなっていくし、聴く側にとっても分かりにくくなっていく…と、大体そういうことだと思いました。