daybreak
New Album "daybreak" 2017/4/30 release


VUTTERリアル生放送第2回 終了

6/16VUTTERリアル生放送第2回(阿佐谷地域区民センター音楽室)無事終了いたしました。ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。

  • 参加者:18名(VUTTER、山脈さん含む)
  • 参加料金:5,400円÷18名=1人あたり300円
  • 演奏時間:1枠30分×3枠
  • その他:イベント後に打ち上げあり(阿佐ヶ谷・自由参加)

今回は2枠目を山脈さん(ドラムス)とのコラボ枠とし、その他の枠はVUTTERがリクエスト曲を弾く形式で進めました。1枠目のオリジナル曲「Move」のみ山脈さんに参加してもらっています。また、途中山脈さんによるTSSソロのパフォーマンスも行いました。
机がじゅうぶんに無い部屋だったため、前回とは異なり椅子を演奏者に向ける少しコンサート寄りなセッティング。企画担当あいとさんのアイディアでリクエストシート(色紙)が登場し、お一人二曲までで予めリクエスト曲を書いていただく形で進めました。普段の生放送だといろいろな作曲者の曲を配分して弾いているため、偏ってしまったりするかな?と思いましたが、結果的にヴァリエーション豊かなリクエストが溢れて濃い内容を楽しんでいただけたのではないかと思っています。それでもやはりFFが一番多かったですね。

曲目

1枠目

モルドゲイラ戦とチャイコはどちらもうろ覚えだったこともあり、後者の調性から繋げてシーモアバトルに逃げてしまいました。前回の「主よ、人の望みの喜びよ〜Battle #5」の流れといい、クラシックは原曲破壊が馴染みやすいようです。最後のクロノ2曲はオープニング〜エンディングということで壮大さが強調され、最初からクライマックスというかともすれば1枠でお腹一杯といったところだったのではないでしょうか。

2枠目(コラボ枠)

ヒートマンのピアノ連弾(Primo: VUTTER, Secondo: 山脈さん)は前日に山脈さんが思いつく急造ぶりもあって個人的には反対だったのですが、彼の練習の甲斐あって結果オーライというか随分と好評をいただいてしまった感があります。Battle #5のイトケンツーバスの再現がこの枠の白眉だったのではないでしょうか。「海へ」以降はやや未完成でしたが、時間が余ったこともあり披露させていただきました。

3枠目

エアリスのテーマはリクエストシートで唯一お二人からご要望をいただいた曲でしたので、最後の盛り上げに持ってきました。とはいえあまりに切ないラストになってしまうので、リクエストではなくこちらの裁量で「闘う者達〜更に闘う者達」を付けさせていただきました。

未完成につき休憩時間に少し弾かせていただいたもの

こういう集まりを開くことで、普段オンラインでのコミュニケーションを取らせていただいている生放送視聴者の方々の存在を再確認できるのが良いですね。言うまでもなく、楽曲の主張の熱さも生で受けると普段のコメントとは伝わり方が違います。そういったお気持ちに応えるべくリアル生放送はまだまだ続けていきたいですね。また、演奏動画や普段のニコ生にも成果を還元していければと思っています。
第3回は未定ですが、今のところ半年スパンになってしまっているので、もう少し頻度を上げていきたいところですね。よければまたご参加いただけますと幸いに存じます。