daybreak
New Album "daybreak" 2017/4/30 release


音楽の好みで、その人の性格がわかります

mixiニュースより。反応してる人も多いと思いますが。

ノース教授の研究結果によると――

1.インディ・ファン
 自己評価が低く、それほど勤勉ではないし、親切でも寛大でもない。しかしながらクリエイティヴである。
2.ロックンロール・ファン
 自尊心が高く、とてもクリエイティヴ。勤勉で悠々としているが、あまり親切でも寛大でもない。
3.ブルース・ファン
 自尊心が高く、クリエイティヴ。社交的で気楽。
4.クラシック・ファン
 自尊心が高くクリエイティヴで、鷹揚。しかし、社交的ではない。
5.ヘヴィ・メタル・ファン
 とてもクリエイティヴで鷹揚だが、あまり外交的でもなければ勤勉でもない。
6.レゲエ・ファン
 自尊心が高く、クリエイティヴで外交的、親切で寛大でもあり気楽。しかし勤勉ではない。
7.カントリー&ウェスタン・ファン
 とても勤勉で外交的。
8.ダンス・ファン
 クリエイティヴで外交的。しかしながら、親切でも寛大でもない。
9.ラップ・ファン
 自尊心が高く、外交的。
だという。

自分はこの中ではクラシックとインディ辺りですが、自己評価が低くて自尊心が高いというのは相反してますねぇ。鷹揚(おうよう)というのは「余裕があるさま」の意だそうです。そもそもジャンル区分が洋楽のそれなので、日本の人には当てはめにくいかもしれません。

ノース教授はBBCのインタヴューで「クラシック音楽ヘヴィ・メタル・ファンに共通点が見られたのには驚いた」「一般的にメタル・ファンは危険な存在とも見られているが、実のところ彼らはかなりデリケートだ」と話している。

何となく「デトロイト・メタル・シティ」を思い出しました(先日先輩のお誘いで映画観に行った)。